simフリーとか格安スマホって結局何なの?

SIMについて

 

 

ここまでの話でかなり理解が進んだと思います。スマホは本体(端末)セットにして使用するのがSIMカードです。インターネット・通話をするためのカードで、スマートフォン、タブレット、携帯電話、モバイルWi-Fiルーターなどの中に入っています。

 

LTE・4Gなどのモバイル回線を使ってインターネットや通話をするわけですが、このSIMカードが絶対に必要となります。docomo、au、SoftBankなどのスマホには、はじめからSIMカードが入っています。セットになっているのです。

 

格安SIMは、SIMフリーのスマホが登場したから同時に出てきたわけです。ちなみにSIMには、ネット・通話ができる「音声通話SIM」と、ネットだけ使える「データ専用SIM」の2種類があります。

 

スマホで通話もネットもする人は「音声通話SIM」を選んでください。090・080番号の音声通話もできますし、ほとんどのプランで、MNP(番号ポータビリティ)に対応しているので、現在の電話番号をそのまま引き継げます。

 

タブレットやモバイルWi-Fiルーターで使う人、ネットだけ利用したい人は「データ専用SIM」を選んでください。

 

SIMフリー格安スマホはこのように魅力的ですが、弱みもあります。それは携帯大手3社のメールアドレスが使えなくなるという点です。「xxx@docomo.co.jp」のようなメールアドレスですが、これが使えなくなります。ただし、Yahoo!メール、Gmailなど、PCでも使用できるメールアドレスは利用可能です。

 

また、人気のiPhoneは選べないというのも弱点でしょう。格安スマホでiPhoneは販売されていません。店頭で相談がしにくいというのもあります。携帯大手3社のように実店舗を構えているわけではないので、相談やサポートは、電話やメールが中心となります。